野宿ギア

野宿ギア

雑記

山の弁当 ビニベンとは

NHKで『サラメシ』という番組がある。
サラリーマンの弁当=サラメシということで、いろんな職業の人のランチが登場する番組。
そこに登場した「ビニベン」というものがあって、北海道大学のヒグマ研究グループ(クマ研)に30年前から伝わる弁当だという。
クマ研究のために山に入るときに持っていく弁当でザックの中に入れていても飯やおかずが片寄ることがないという素晴らしい機能を持つ。
で、なんなのかというと、ビニール弁当=ビニベンということらしい。
弁当箱を忘れたメンバーがビニール袋に飯とおかずを詰めたところ、意外に機能的でそれ以来受け継がれているとか。

こんな感じでビニール袋に入っている。
たしかにこれなら片寄ることはないだろう。
食べ方は、ポロポロ崩れないように袋の上からギューッと押し固めてオニギリのように食べるようだ。

正直、見た目はあまりウマそうではない…。
北海道の山の中だから大丈夫だろうが、関東の山だと昼までに痛んでしまいそうだし。
しかし、こういう山登りのアイデアは面白い。

肉塊!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top