野宿ギア

野宿ギア

キャンプ料理

魚焼きグリルでヤキトリ風手羽元


ガスコンロを買うときに魚焼きグリルにこだわった。
無水両面焼きしかダメ! という条件だ。
魚焼きグリルってのはすごく便利なシロモノで、魚を焼くだけではもったいない。
食パンを焼く、揚げ物を温める、もちろん肉も焼く。
なんでも焼けちゃうのだ。
あと、魚焼きグリルで魚を焼くと匂いがつくと思っている人がいるようだが、最近の機種ではほぼ心配なし(もちろんちょっとはあるよ)。
グリル内部の脂などは焼き切られてしまうので網と受け皿だけ掃除すれば庫内に匂いが残ったりしないし、食パンを焼いても魚臭くなったりしない。
だから掃除しやすい無水タイプがオススメ。
グリル用ベイクパン
そんな魚焼きグリルをでダッチオーブン的料理ができちゃうのが「グリル用ベイクパン」。
(これまで何回もエントリしてていまさらだが)
油を塗って食材を入れてフタをして魚焼きグリルに入れるだけ。
上下とも強火で20分。
焦げるのことがあるので10分くらいしたら下火を弱にするほうがいいかも。

20分焼いてこんな感じ。
今回は焼き鳥風に仕上げるため下味はつけていない。
うまそうに焼けてるなー。

焼き鳥風に仕上げるためのアイテム、エバラ屋台のやきとりのたれ。
焼きあがった手羽元にぶっかけてからめると出来上がり。
ビールにあう!
と、まあ、グリル用ベイクパンに入れて焼くだけでなんでもおいしくできあがっちゃう。
グリル用ベイクパンは小さいので洗うのも楽。
高さ4cmくらいまでの食材が入るので、厚めのハンバーグとか肉にオーブンでじっくり火を通すなんて使い方もできる。
こうやってお外で遊べないウサを晴らしてるわけで。
肉塊!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top