野宿ギア

野宿ギア

キャンプ道具 レビュー

ヘキサゴンウッドストーブとTR-B25の最適解(検証編)


さて、検証編。
VARGOヘキサゴンウッドストーブをTR-B25の風防兼五徳とした場合の最適解についてだ。
前回の仮定は、ストームクッカーはTR-B25の火口から鍋底まで2.5cmとしているので、ヘキサゴンウッドストーブでTR-B25を使うときも同じ高さにセットするとよいのではないかということだった。
それを検証してみる。
VARGO HEXAGON WOODSTOVE
まず、ヘキサゴンウッドストーブの内側の高さ。
測ったところ、ほぼ9cmといって間違いない。
VARGO HEXAGON WOODSTOVE
つぎに、TR-B25をそのままインストールしたときの、火口から五徳部までの高さ。
これも計算通り4.5cmだった。
VARGO HEXAGON WOODSTOVE
さらに、TR-B25の下に火力調節蓋を置いて嵩上げした場合。
火力調節蓋の高さは約2cmで、予想通り。
これで火口から鍋底まで2.5cmを実現できることが分かった。
ただ、消火するときに火力調節蓋を使っているので、これをやってしまうと消火に困る。
TR-B25
そこで、アルミ缶の側面を2cm幅で切りだしてこんなものを作った。
これで火力調節蓋を使わずともTR-B25に下駄を履かせることができる。
うむ、すばらしい。
で、実際に湯沸しして時間とアルコールの消費量を計測しよう。

■検証1
・スノーピーク600(フタなし)
・水400cc
・室内無風
点火前と消火後のTR-B25の重量をはかって消費したアルコールの量を計算する。
沸騰したかどうかは目で見て判断しているのでかなり適当。

下駄なしの場合。
沸騰まで9分50秒。
消費アルコール36g。
炎が赤いのが気になるところ。酸素不足か?
フタがないのとポットの底面積が小さいので熱を受けきれていない感じ。
400ccを沸かすのにアルコールを消費しすぎだ。

下駄を履かせて鍋底まで理想の高さにした場合。
沸騰まで10分20秒。
消費アルコール26g。
炎はキレイな青。
沸騰までの時間は長くかかったがアルコール消費が少ない。約30%の燃費向上だ。
うーん、エコ。
とはいえ、400ccを沸騰させるのに10分かかるのは時間かかりすぎな気がする。
■検証2
・VARGOチタニウムシェラ750
・水400cc
・室内無風

下駄なし。
沸騰まで5分40秒。
消費アルコール22g。
下駄なしは相変わらず炎が赤い。
タイム、燃費ともにスノーピーク600を使ったときよりもかなり向上。
フタがあることと底面積が広いことで熱をしっかり受け止めているんだろう。

下駄あり。
沸騰まで6分50秒。
消費アルコール16g。
炎は青。
下駄なしと比べて沸騰までの時間は長くなっているが燃費は向上している。
同じ400ccを沸かすのでも、スノーピーク600下駄なしと比べるとアルコール消費量が半分以下だ。
熱を逃がさないようにする、というのはこれほどまでに大事なことなのかと改めて思った。
室内無風でこれだから、屋外で風がある場合はヘキサゴンウッドストーブでも風防は必要だな。

下駄の収納はこんな感じにTR-B25に巻きつけておけばジャマにならない。
これひとつで燃費が30%も向上する。
ちなみに使用した缶はネクターサワー。ネクター大好きなので飲んでみた。
■とりあえず結論
・火口から鍋底まで2.5cmにすると、炎はキレイな青で燃焼する。燃費もよくなる。
・が、沸騰までの時間は長くなる。
・底面積の広いポットの方が熱を受け止めやすい
ということで、手持ちの装備で、ヘキサゴンウッドストーブとTR-B25を組み合わせて使う場合、
・ヘキサゴンウッドストーブ
・TR-B25+2cm下駄
・VARGOチタニウムシェラ
・適当な風防
がよいということで。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なかなか興味深い結果です。
    燃費をとるか火力をとるかといった感じで、これを両立するのは難しそうですね。
    そこらへんパイトーチなんかは良さそうな感じがします。(持っていませんが)
    ちなみにプリヒーターを履かせると、2.2cmの嵩上げとなることを報告させて頂きます。

  2. >mnrさん
    おはようございます。
    プリヒーターの高さ、ありがとうございます。
    買ってはみたものの使う機会がないので実家におきっぱなしでした。
    2.2cmアップならほぼ2cmの嵩上げとして使えそうですね。
    燃費と火力のバランスをどうとるかだと思うのですが、この結果であれば下駄ありを選びたいところです。
    ただ、屋内の計測なので外にでた場合、ストームクッカーくらい完璧に風を防がないと下駄ありは厳しいかもしれません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top